CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く (JUGEMレビュー »)
内館 牧子
恋愛を詠んだ都々逸(どどいつ)と、そのエッセイです。昔の粋なオネエサン方の心意気と日本語の流麗さに惚れ惚れします。いちばんのお気に入りは『もしやこのまま焦がれて死ねば こわくないように化けて出る』。カワイイでしょ〜?
RECOMMEND
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>
オースティン・パワーズ (JUGEMレビュー »)

デラックスより、ゴールドメンバーより、やっぱり最初のコレが最高です。60年代のファッション大好き。英国モノをフランス語で表現するのもなんだけど、キッチュで私好みなのです。
RECOMMEND
肩ごしの恋人
肩ごしの恋人 (JUGEMレビュー »)
唯川 恵
当時大好きだった人から「るり子と萌、足して2で割ったらあなたになるよ」と紹介された小説。私は絶対ハッピーエンドだと思います。女ともだちって細く長くずっとずっと大事なものですよね。
RECOMMEND
あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと (JUGEMレビュー »)

二年くらい前に衝動買いしたDVDで、たいして期待もしていなかったのですが、ケイト・ハドソンのファッションがとにかくかわいいんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本語の通じるお茶屋さん
空港からホテルへタクシーで向かっている時、運転手さんから「これがフォルモサホテルだよ」と言われたホテル裏の路地で、『一番屋』というお店を見かけました。お茶屋さんでした。中国茶にはまっている私としては当然お茶を買い込んで帰るつもりだったので早速行ってみました。

お店の奥からおばさんが出てきてニコニコしながら「ニイハオ楽しい」と声をかけられました。「ニイハオ」といちおう答えましたが、すぐに日本人とわかったようで、「こんにちは」とお話しになるではないですか。

片っ端から試飲させていただきました湯のみ。高山烏龍茶の普通のランクのものからより良質なもの、バニラの風味がする金萓烏龍茶、茉莉花茶、杜仲茶…。
お茶請けに、烏龍茶で漬けたという茶梅と、甘なっとうのような蓮の実、椎茸とオクラをフリーズドライにしたようなお菓子をいただきながら、「次はアレ」「次はコレ」とわがままを言い続けますが、おばさんは終止ニコニコ。
私はコの字型の木製のカウンターに腰掛け、おばさんはカウンターの内側に腰掛け、お茶を淹れてくれました。ものすごく大雑把に見えるんですけど、私が日常よく省いている洗茶や茶器をあたためることをきちんとやっていて(当然ですが…)、ものすごく美味しいんです。

「チャイナドレスを作りにひとりで来たの」と言うと、やはり「変わってるねえ」と笑われましたたらーっ。翌日故宮博物院に行くつもりだと告げると、そこまで行くのは「バスがいちばん安い」とバスの乗り場や番号を教えてくれましたが、結局初めての観光客にはMRT+タクシーが一番安心であるという結論に達しました。士林夜市にも行くでしょ?とMRTの乗り方も教えてくれました。
ガイドブックに書いてあることではありますが、その気持ちが嬉しいですよねよつばのクローバー

美味しかったお茶をたくさん買ってお店を後にしましたが、お店を出て、少し湿度の高い空気を吸って初めて、「そういえばここ台湾だった」と思い出しました。それくらい妙に落ち着いちゃったのでした。

| 台湾ひとり旅 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
占い大好き♪なんだけど…
幼い頃から占いが大好きです。月刊雑誌に載っているものから、複雑な計算を要するもの、あげくのはてには寿司ネタ占い等…冗談のようなものまで…たらーっ
だから、台湾ひとり旅の目的のひとつは占いでしたハート大小
子供の命名から人生の大選択まで、台湾の人々は非常に占いを重要視するそうなんですね。そして私と同様占いが大好きな日本人女性向けに、日本語OKの占い師さんが本やネットで紹介されているのです。気になる方は旅々台北様の特集をご参照ください。

商売繁昌にご利益のあると言われる行天宮というお寺の前の大きな交差点に地下道があります。この地下道に2畳くらいの広さの占い屋さんがが所狭しと並んでいるのです。全部で20軒くらいでしょうか。通路には顔のうぶ毛を糸ではじいて剃ることを生業としているおばちゃん達もいますびっくり
一番人気はとある女性占い師で、日本の芸能人と映っている写真やテレビ番組の写真がたくさん貼られています。日本人が7-8組並んでいました。ウェブサイトも持ってらっしゃるので見てみたんですけど、「○○(実際には名前を伏せていません。同じ地下道で占いをされている人のこと)は私の師匠だと言っているらしいけどそれはウソです!」みたいなことがえんえんと書かれていて、あまりいい印象を持たなかったのでスルーしました。
当然その○○さんもスルー。
日本語が達者だというだけの理由でとある男性占い師さんのブースに入りました。

四柱推命と手相占いをしてくれました。3,500円くらいです。
結果から言いますと…
直後は『あ〜おもしろかった楽しい、数時間後冷静になってみると『また占ってもらうことはないな』

「生命線が短いけど、今は寿命が延びているから大丈夫」とかわけわかんないし、占い師さんの手相の話を聞いても仕方ないし。1/3くらいのところでいったん切れているのを聞いたら「ああそれは子供のころか20代の時に命に関わるような大病をしたね」…していません。頭脳線が長いことは知ってるけど特別長いわけじゃないことも知ってます。結婚線がいちおうあることも知ってます。
最初に「親孝行ですね」から始まったけど、ちっともそんなことない。うちの親が聞いたら吹き出しますモゴモゴ。ただそう言われてイヤな気がする人はいませんよね。職業を聞いて、それから占うのもなんかずるい。
「あなたは『木』は多いけど『水』の要素がひとつもないから『水』を含んだ名前をつけるといいね」と言われても、命名を目的に来たわけじゃないんですから…。改名するほどひどい人生でもありません。
「あなたは人を助けることが好き。お金には一生困らない」私の職業を聞いたら素人だってそう勘違いするに違いありません。
思い出せるような素晴らしいアドバイスなんてひとつもありませんでした。
四柱推命の計算は誰でもできるし、職業を聞いて、当たり障りのない、けれど人の気持ちをよくするようなことを言いながら、少しずつ相手の欲しい答えを探っていく。私でもできそうな気がしてしまいました。

ただこの出来事がなかったらそこまで冷静な思考状態にならなかったと思うんですよね。私の占いをしている最中に、ブースの入り口でどうしようかなと逡巡している日本人カップルがいたんですね。そしたら彼らに向かって「いいから(待っている人用の椅子に)座りなさい。すぐ終わるから

さすがにそれはどうよ〜と思うのです。
| 台湾ひとり旅 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(2) |
台北桃園国際空港
つい最近『中正国際空港』から『台湾桃園国際空港』
に改名された国際空港です。『中正』というのは『蒋介石』のことらしいのですが、政治色を消したかったのでしょうか。台北市のお隣、桃園県にあります。台北市街地まではタクシーで40分、リムジンバスで1時間ちょっと。
機内アナウンスでは『トゥアオユア(エの口をしてア)ン』と聞こえたこの空港の名前、降りる時になって、ふと、

ああ!タオパイパイのタオ!!!

と、すっきりしました楽しい
タオパイパイは桃白白と書き、ドラゴンボールの初期のキャラクターです。どんなキャラクターだったかは忘れる程度の重要度です。

飛行機を降り、人の波に乗って歩いて行くとなぜか真新しい電車のプラットフォームについてしまいました。
ターミナルが2つありそれらを結ぶ電車があるのは知っていたけれど…。なんでターミナルを移る必要があるんだろう???
ターミナル2に着陸したはずなのに、なぜかターミナル2と書かれたプラットフォームから電車に乗り、着いた先は閑散とした搭乗ゲート。イミグレーションまでの道すがら、他の便の客は皆無。そして両替えを済まして、出てきた到着ロビーは間違いなくターミナル2だったのです。なんだか狐につままれたような気分でしたが、まあ入国できたのでよしとします。

リムジンバス路線バスでホテルの前まで行くつもりだったのですが、この一件でなんだか急に自分の旅能力に問題を感じたため、タクシー自動車で行っちゃうことにしました。4500円くらいになるけど、もういいや、と思って。
タクシー乗り場はすぐにわかりました。ホテルの名前を告げると英語のわかるおじさんが、英語のわからない運転手さんに通訳して伝え、スーツケースをトランクに乗せてくれました。

面倒くさがりなため結局帰りもタクシーにしてしまいましたが、帰りは3,500円くらいだったんですよね。最初にぼられたわけではなくて、そういうものらしいです。なんだか不思議。『ターミナル2』がなかなか伝わらなかったのは困りましたけど…ひやひや

DFSはたぶん普通の規模なんだと思います。もちろん福岡よりは大きいし、良く覚えていないけど、たぶん成田よりは小さい。チャンギと比べても仕方ないし。
現在ほとんどの化粧品をアルビオンに移そうとしている最中で、外国製化粧品に用がないのでこれと言って目の色を変えて買い物に勤しむということはありませんでしたが、ふと立ち寄ったセリーヌでハンドバッグを衝動買いしてしまいましたたらーっ
ホント、イヤんなっちゃう[:がく〜:]。
| 台湾ひとり旅 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
ビジネスクラスも初体験
たかだか2時間の距離をビジネスクラスで行かなくても…とは思いますが、やはりテーマがぴかぴか『贅沢で行こう!』ぴかぴかなだけに、ここはエコノミーなんていう名前の出る幕ではないのですウィンク
でも最大の理由は福岡-台北便のエコノミークラス機内食が『ロイヤルのカレー』か『鰻丼』だったことです。これから旅に出ようかという時にカレーはちょっと…だし、私は鰻が嫌いしょんぼり

福岡発の便飛行機としては最も時間帯が良いチャイナエアラインにしました。午前10時過ぎに福岡空港を飛び立って、午後7時半に降り立つという、短期旅行をできるだけ満喫できるようなタイムスケジュールなのですイケテル。エバー航空よりもよく耳にするから、台湾系航空会社としては、チャイナエアラインの方がメジャーなのでしょうか。

当然正規料金ではありません。まずはABロード様で最安値を調べ、今回はリッツインターナショナル様にお願いすることにしました。HPもない小さそうな旅行代理店で大丈夫かしらと少し心配でしたが、こちらの問い合わせにも迅速に対応してくださり、その心配は杞憂に終わりました嬉しいプシュー

エコノミークラスの長蛇の列を尻目に(決してあざ笑っているわけではありませんよ。普段はそちら側なんですから汗)、ビジネスクラスのチェックインカウンターに進み、チェックインします。台風13号が台湾と沖縄のちょうど間にあって、暴風域強風が少し台湾にもかかっているようだったので、「飛びますか?」と尋ねましたが、何の問題もないようでした楽しい。そんなものなのですね。

それほど混雑していない出国ゲートを通過すると、当然の成りゆきとしてDFSを覗きましたが、最近の愛用コスメはアルビオンなので、これといって目の色を変えて買うものもありませんでした。
ビジネスクラスのラウンジもたいして目を見張るようなものもなく、『な〜んだセルフサービスなんだ〜』と思いながらティーパックの紅茶を飲みました。
台北の空港のラウンジはもう少し上等で、マンゴースムージーをおなかが冷えきるまで飲みました♪
でもどちらにしてもなんだか居心地は良くないような…。DFSをあてどなく彷徨っていた方が楽しいです。トランジットの時間が長い時はいいかもしれませんね。

優先搭乗させてもらい、スーツケースを上の棚に乗せ(届かなかったのでフライトアテンダントさんにやっていただきました)、さっさとイヤホンをつけました。
日本人乗務員がいるらしいけど、結局遭遇はせず。やっぱり英語がメインなのでしたあせあせ
おしぼりとお飲み物が配られ、ひと息ついたところで離陸。なんせ2時間で着いてしまうので、慌ただしく機内食のメニューが配られます。

<華洋食>
夏野菜のゼリー寄せ 鯛のカルパッチョと帆立と一緒に
メインディッシュ
 葱爆鶏 鶏肉のカシューナッツ炒め
   または
 ビーフテンダーロイン ステーキ マスタードソース
マンゴーのムース
<和食>
真魚鰹味噌焼 いくらと槍烏賊の酢の物 炊き合わせ
メインコース
 (7月)鰻蒲焼
 (8月)豚角煮
 (9月)鮎女目の味噌漬け黄味焼
御飯 香の物 味噌椀
和菓子 季節の果物


華洋食の『葱爆鶏 鶏肉のカシューナッツ炒め』にしました。このうえなく脂っこく、非常に腹もちが良かったです(私は二日酔いでもない限り胃もたれがするとかおなかを壊すといったことがないのです)。マンゴームースが品切れで、和菓子と季節の果物になってしまったのが残念でした。

ちなみに帰りの便は、


<華洋食>
スパイシープラウン マンゴーサルサ添え
メインディッシュ
 鴨肉のXOソース炒め
   または
 牛テンダーロインのグリル マッシュルームソース
ダークチョコレートムース ラズベリーソース添え
季節の新鮮果物

<和食>
ワカサギの甘露煮 黒豆 厚焼き卵
メインコース
 (7月)豚肉のロースト グリーンオニオンソース
 (8月)和風ビーフカレー
 (9月)照焼きチキン
御飯 季節の漬物 赤だし
季節の和菓子 季節の新鮮果物


華洋食の『牛テンダーロインのグリル マッシュルームソース』にしました。塩気が足りなくて塩コショウを振り掛けました。お肉は特別美味しいものではありません。パンは美味しかったです。チョコムースも。

台風を物ともせず飛び、かなりスムーズな離着陸をしてくれたチャイナエアライン様には非常に非常に申し訳ないのですが、シンガポール航空のエコノミークラス機内食と同等かなと感じました。

座席が睡眠用にリクライニングしてもどうにも私の小さな体にはフィットしないし、当然前の背もたれまでの距離が遠いので、シートベルトをきちんとしていると手が届きづらい。私にとってビジネスクラスの最大の利点は『トイレが近い、まず待つことはない』ということでした…ポロリ。ビジネスクラスの良さはこんな短時間フライトでわかるような底の浅いものではないらしいということだけはよくわかりました。
| 台湾ひとり旅 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
初・体・験っ♪
晶華酒店の沐蘭SPA(字面がすでに美しいときめき)。



なにもかもがとても素敵だったというのに、写真を撮れなかったのがかえすがえすも口惜しい困惑。詳しく紹介されている旅々台北様をご参照ください。

予約は事前にメールで行いました。日本語メールでも大丈夫らしいです。オンライン予約はありません。予約の少し前に行ったりする必要はなく、時間どおり午後六時半にレセプションへ行くと、最初から日本語での応対です楽しい
頻繁にアロママッサージに通う私ですが、これまで試したことがなかったマッサージハート大小。それがふたりのセラピストに同時にマッサージしてもらうというダブルマッサージです。値段を見るとマンダリンオリエンタル東京のスパの約三分の一びっくり!これはもう初体験するしかないではないですか!!!
せっかくなので、『沐蘭のお薦め』という4時間半のコースにしました。ダブルマッサージに、ボディラップかスクラブからひとつと、フェイシャルトリートメントがセットになっています。ボディラップのボレーと、フェイシャルはトマトパックを選んでいざお部屋へ。なんと担当のセラピストまでが流暢な日本語をお話しになるびっくり

出会った瞬間、ひと目で恋に落ちましたラブラブ。ふくよかで骨格のしっかりしてそうな体つきの彼女。この体型のセラピストで外れたことはない。かつて一度もない!絶対この丸っこそうな手は気持ちがいいに違いない!

そんな彼女に日本語でお部屋の説明を受けます。お部屋も過去最高…ハート大小洗面台を挟んでトイレの向かい側に脱衣室があってなぜそのすべてがガラス張りなのはともかく、お化粧をする場所は別に取られていて、なんとも贅沢な間取り。お部屋自体が広いのですが、そのど真ん中に何かの石でできているようなバスタブがあります。そしてその手前にはスチームサウナ状のシャワールームがあります。バスタブの奥にはマッサージベッド、そして窓際にはデイベッドのような大きなベッドがあります。

シャワールームでさっと汗を流し、バスローブに着替えると、窓際のデイベッドに用意された甘いジンジャーティーを飲みます。窓際の竹の装飾越しに外を見ると、市街地から近い国内線空港にかなり頻繁に飛行機が着陸しているようです。それにしても目の前のマンションから望遠鏡で覗いたらよく見えちゃうだろうなあと少し不安しょんぼり
「20分ね」と時間を区切られていましたが、けっこうゆったりとしながら、愛しい愛しいセラピスト様を待ちましたハート

そして、ついに入り口の方から「い〜いで〜すか〜?よつばのクローバーと能天気にも聞こえる声がします。天使の歌声のようですぴかぴか
早速花びらを落としたお湯に足をつけて軽くマッサージ。

これは…!更に期待できそう!!!

バスローブを脱いでマッサージベッドにうつぶせになるとシーツの上から軽くマッサージが始まりました。

ほらほらほらほら〜っ!や〜っぱりね〜っ!我が目に狂いなしっっっ!

彼女は見た目に違わぬふっくらした指先で全身をくまなく揉みほぐします。なんて気持ちのいい指!故宮博物院で歩き疲れといて良かった〜と思うほどです。

そしてまずはボディラップから。ダイエット効果があるということでボレーにしました。いろんな香辛料が混ざった何かを(私には見えていません)体じゅうに塗っていきます。ボディラップの時にはいつも思うのですが、塗っている間、体から気化熱が奪われてとても寒い冷や汗!南の島の屋外でやっていても寒い!どうにかならないものでしょうか。仰向けになって全身に塗り終わると、シーツでかなりきつくぐるぐる巻きにします。血液循環を促し、脂肪を燃焼させるということですが、確かに次第にポッポポッポと体が火照ってきます。
しばらくミイラ状態で待っていたわけですが、ラッピング中のこの時、私は日本だろうと、外国だろうと、ただひとつ同じことを考えてしまいます。マッサージ中…特にボディラップ中ってこのうえなく無防備だよな〜、今、『こいつ気にくわんから殺しちゃえ』って悪魔が彼女(セラピスト)の頭の中に囁いたら完全に死ぬよな〜。

幸い(アタリマエ)無事ボディラップは終了し、スチームサウナの中でシャワーを浴びます。そしてまたしても甘いジンジャーティー。今度は「15分ね」と言われました。
そして明らかに15分以上たって、入り口の方から「い〜いで〜すか〜?よつばのクローバーの声がハート大小

今度は二人!そう、いよいよ今回の目玉、ダブルマッサージの時間がやってきたのです。期待に胸が高鳴ります。
ベッドにうつぶせに寝ると、その幸福な時間は突然始まりました。いつも聞かれる「特にどこを重点的に?」とか「どこか触らない方がいい場所はありますか?」というような質問はいっさいなし。きっと彼女らはマッサージの神の申し子(…たらーっなのだわ。手をかざした瞬間にすべてがわかるんだわ。
オイルをつけ、一人は背中、もう一人は足から始まりました。

ななななっ、なんじゃこりゃ〜っびっくりびっくりびっくり

ありえない感触なんです。それぞれが別々の手だとわかっているのに、シンクロしているもんだから、まるでひとりの人間に触られているようで、でも手が四本あって…。非常に悪いたとえですが『手がたくさんある一匹の妖怪に撫でられている』気がします。しかし、それがね、それがね、それがね。
もう垂涎モノあせあせの気持ちよさなのです。
そしてやはり彼女らは神の子でした。なんで今日はそこがつらいってわかるのさ〜と尋ねたくなるほど、力の入れ具合、抜き具合が完璧なのです。かつてこんなに「あ、そこはもっと優しく。あ、そこはもっと強く」と思わずにマッサージを受けたことはありません。彼女たちはまた「強さは大丈夫ですか」と聞くこともしません。

夢のような時間はまたたく間に過ぎ去り、頭のマッサージに移ります。メインの彼女がやってくれているようです。その指、その力加減、間違いなくぴかぴかダントツで私史上第1位ぴかぴかです!

「20分ね」と言って彼女が部屋から出て行くと、魂が抜け落ちた私はゆっくり湯船につかりました。檜製のラックにはフルーツが乗っています。窓には夜景。時折着陸する飛行機がキレイ。

そして最後の「い〜いで〜すか〜?よつばのクローバー
フェイシャルトリートメントが始まりました。正直言ってものの5分ほどで寝てしまったので何をされていたのかさっぱりわかりません。口惜しや…。
でも翌日の化粧のノリは本当に良かったです。

すべての施術が終わり、とても名残惜しいけれど部屋を出ました。スッピンでお礼を言います。夜に施術が終わってからスッピンで部屋に戻れるように、このホテルにしたわけで、きっかけはこのスパだったのです。

絶対またここに泊まって、こころゆくまでダブルマッサージを受けるぞ〜!そんな決意も新たに、さて長風呂にでも入るとするか温泉、とお部屋に戻ったのでした。
| 台湾ひとり旅 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(2) |
<< | 2/4PAGES | >>