CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く (JUGEMレビュー »)
内館 牧子
恋愛を詠んだ都々逸(どどいつ)と、そのエッセイです。昔の粋なオネエサン方の心意気と日本語の流麗さに惚れ惚れします。いちばんのお気に入りは『もしやこのまま焦がれて死ねば こわくないように化けて出る』。カワイイでしょ〜?
RECOMMEND
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>
オースティン・パワーズ (JUGEMレビュー »)

デラックスより、ゴールドメンバーより、やっぱり最初のコレが最高です。60年代のファッション大好き。英国モノをフランス語で表現するのもなんだけど、キッチュで私好みなのです。
RECOMMEND
肩ごしの恋人
肩ごしの恋人 (JUGEMレビュー »)
唯川 恵
当時大好きだった人から「るり子と萌、足して2で割ったらあなたになるよ」と紹介された小説。私は絶対ハッピーエンドだと思います。女ともだちって細く長くずっとずっと大事なものですよね。
RECOMMEND
あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと (JUGEMレビュー »)

二年くらい前に衝動買いしたDVDで、たいして期待もしていなかったのですが、ケイト・ハドソンのファッションがとにかくかわいいんです。
<< いまさらエヴァ | main | ここ数ヶ月の旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エヴァ私的見解
中盤まではいいんです…
キュイ〜ン、ドドドドッ、ピカーッ、ドッカ〜ン
『頑張れシンジ、負けるなシンジラブ』と手に汗握りながら見つめるあせあせ



某アニメ主人公の「父さんにもぶたれたことないのに」(記憶不確か)には正直萎えてしまいまして(ファンの方々申し訳ございません汗)、当時大好きだった人のオススメであるにも関わらず、ハマれませんでした。
しかし、シンジくんの甘っちょろさはとことん不器用で良い!

(さてここからネタバレを含みます)

劇場版まで見ましたが、ここまで破滅的に終結させなくても…と食傷気味。なんだかグロテスクだしねえ…冷や汗
ご贔屓さんもそうでない方もガンガン死ぬ。死ぬだけならまださっぱり泣けるんだけど、兎にも角にも、皆さんココロに傷を負ってらっしゃって、それが後半次から次へと明らかになり、誰も彼もが内的世界を惜しげもなくさらけ出しちゃったりして、重い…とにかく重い。
どう転がっても大団円にはならないわね、と諦めてはいたけれど、いくらなんでも彼女まで…ポロリ



「続きは帰ってからなんでしょ〜っ???」むかっ

私はもう大人買いできるくらいオトナだから、シンジや他の皆々様の葛藤スパイラルを見ていると、『ご託宣を聞かされてるみたいで不愉快〜しょんぼり』と感じてしまいます。劣等感と焦りの無限回廊を彷徨っていた頃(ワタクシにだってそんな頃があったのですプシュー)に見たら、どう思ったのでしょう。

『生きる』ことも『殺めてはいけない』ことも『逃げてばかりじゃいけない』ことも、ワザワザ繰り返し繰り返しセリフや文字で訴えるようなことじゃなくて、作品を観ている間にじわ〜っと心に染み入るようなものであるべきじゃないかなあ、と思ってしまうんですよ。
面白かったですよ。お話としては。絵もキレイだし、何かを守ろうとしているわりには熱血してないし。あそこまであからさまな含蓄がなければもっとより楽しめたと思うのが残念ですけれど。あれがたまんないのかしら?

なんだかんだと言わせていただきましたが、きっと新劇場版も見ちゃうと思います。だってあれよりわけのわからないひどい結末にはならないでしょ?
| 日記 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyhoney.jugem.jp/trackback/485
トラックバック