CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く (JUGEMレビュー »)
内館 牧子
恋愛を詠んだ都々逸(どどいつ)と、そのエッセイです。昔の粋なオネエサン方の心意気と日本語の流麗さに惚れ惚れします。いちばんのお気に入りは『もしやこのまま焦がれて死ねば こわくないように化けて出る』。カワイイでしょ〜?
RECOMMEND
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>
オースティン・パワーズ (JUGEMレビュー »)

デラックスより、ゴールドメンバーより、やっぱり最初のコレが最高です。60年代のファッション大好き。英国モノをフランス語で表現するのもなんだけど、キッチュで私好みなのです。
RECOMMEND
肩ごしの恋人
肩ごしの恋人 (JUGEMレビュー »)
唯川 恵
当時大好きだった人から「るり子と萌、足して2で割ったらあなたになるよ」と紹介された小説。私は絶対ハッピーエンドだと思います。女ともだちって細く長くずっとずっと大事なものですよね。
RECOMMEND
あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと (JUGEMレビュー »)

二年くらい前に衝動買いしたDVDで、たいして期待もしていなかったのですが、ケイト・ハドソンのファッションがとにかくかわいいんです。
<< 日常のちょっとした笑い | main | FC入って良かった☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『哀悼』の意
最近とてもお世話になっていた方が急にお亡くなりになり、別に恋愛感情を持っていたわけでもないし、普通に生活していたら1ヵ月に1回も思い出さないくらいだったのに、亡くなってみると2〜3日に1回は思い出すし、そのたびにじわっと涙腺が緩みますポロリ
折に触れ『死』というものを考えてしまう今日この頃です。

昨日の帰り道、川べりをてくてくと歩きながら、妙に郷愁色な雨上がりの夕空に目を奪われ、なんとはなしに、「子供はいくつになったら死というものを、もう会うこともできなければ話すことも触れることもできないのだということを認識して、それが悲しくて悲しくて泣けるんだろう」と思いました。

私はよくありがちな『極度の母方おばあちゃんっ子』で、その祖母を7つの時に天災で亡くしました。あんなに泣いたのは生まれて初めてだったと思います。
それがもしも3つの時だったら…後日おばあちゃんを恋しがることはあっても、お通夜、お葬式で泣いたりはしなかっただろうなと思うでのす。
7つの時で良かった。おばあちゃんを悼むことができて良かった。悼むことができるのは『死=永遠の不在』と認識しているからですよね。大好きなおばあちゃんとの別れをうやむやで終わらなくて良かったと思うのです。

「いつ頃『悼む』ようになるんだろう…」しかしその頃には夕ご飯の買出しも終わってマンションにたどり着いてしまったので、エレベーターの中で「きっと誰かだけを特別好きになった頃だな、幼稚園の年長さんの時に好きになったゆうちゃんは…」とすっかり思考が横道に反れてしまったのでした。
| 日記 | 14:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:12 | - | - |
コメント
5歳頃、ひいばあちゃんが亡くなった時に母から「遠くに行っちゃったんだよ」と聞かされ、小学校なかばまで 本当に遠くに行ったと思ってました。
あ、あれは亡くなったってことだったのね・・・と。
遠方で数回しか会ったことなかったから、実感もなかった。

自分が生きてること自体が、不思議な現象に思えてきます。
| ハルコリ〜ニ | 2008/02/28 4:06 PM |
ハルコリ〜ニさんへ

本当に生きてることが不思議でワンダフルです。
特にお宅のお子たちを見ていると、生きてるって成長してるって人間っておもしろ〜い♪と楽しくなります。
別れもあるけどお宅のbasaくんに出会えたりもするわけで…
常に時間は流れているのね。
| ち〜こ☆ | 2008/03/03 4:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyhoney.jugem.jp/trackback/469
トラックバック