CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く (JUGEMレビュー »)
内館 牧子
恋愛を詠んだ都々逸(どどいつ)と、そのエッセイです。昔の粋なオネエサン方の心意気と日本語の流麗さに惚れ惚れします。いちばんのお気に入りは『もしやこのまま焦がれて死ねば こわくないように化けて出る』。カワイイでしょ〜?
RECOMMEND
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>
オースティン・パワーズ (JUGEMレビュー »)

デラックスより、ゴールドメンバーより、やっぱり最初のコレが最高です。60年代のファッション大好き。英国モノをフランス語で表現するのもなんだけど、キッチュで私好みなのです。
RECOMMEND
肩ごしの恋人
肩ごしの恋人 (JUGEMレビュー »)
唯川 恵
当時大好きだった人から「るり子と萌、足して2で割ったらあなたになるよ」と紹介された小説。私は絶対ハッピーエンドだと思います。女ともだちって細く長くずっとずっと大事なものですよね。
RECOMMEND
あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと (JUGEMレビュー »)

二年くらい前に衝動買いしたDVDで、たいして期待もしていなかったのですが、ケイト・ハドソンのファッションがとにかくかわいいんです。
<< 上海市内1日観光 | main | 沖縄出張?3泊4日の旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
蘇州一日観光
さて翌日は蘇州へ!

私にとっては「東洋のベニス?」くらいの知識しかない街ですが、母世代の人たちにとっては、『蘇州夜曲』(母だって生まれる前だと思うが)という歌だの、国語の教科書に載っていた漢詩などの影響で、なんだか夢見がちになっちゃう街らしく、急遽ツアーに申し込みました。

朝早くに集合場所へ行き、バスで蘇州へ向かいます路線バス。平日だというのにけっこうな混雑で2時間くらいかかったかな。拙政園という庭園に着きました。
またしてもただダラダラと庭園を見て回ります下向き。世界遺産だというのに「中国っぽ〜い」という感想しか持てない語彙力の貧困さでごめんなさい。でもとにかくツラいんですってば!自分のペースで歩けないということがこんなにツラいこととは知りませんでした。
続いてお昼ごはんでしたディナー。街中のけっこう繁盛していそうな蘇州料理屋さんということでしたが…。はっきり言って美味しくなかった下向き。ただ国内でのツアーに参加したりもしている母に言わせると「日本でのツアーで連れていかれる店に比べたらずいぶんマシよ」とのこと。
その後刺繍センター(蚕から絹を作る工程を社会科見学のように見せてくれて、その製品も売っているところ)へ行き、いくつかおみやげを買いました。友人の子供たちにチャイナ服を買っちゃいました楽しい。無理やり着せましたが、すっごいかわいいんですよ〜ときめき
それから前出の漢詩で有名な寒山寺へ。なんだか観光地化されて、風情も何もなく、寺院を見慣れている日本人にとっては、これと言って何?というようなところでした…モゴモゴ

『蘇州、このままでは何の面白みもなく終わっちゃうぞ!』と半ば諦めつつ、歩きすぎて疲れた足をさすっていると、道端でいきなりバスが止まりました。
別に船着場でもなんでもない場所から、船に乗り移れと言う…びっくり
そうしてスタートした運河の遊覧。これはけっこう良かったです♪



運河の両側にはぎっしりと家々が立ち並び、そのほとんどに運河へ降りる階段があります。どうやらここまで降りてきて洗濯などもしているようです。しかし洗濯機からの排水も垂れ流し状態たらーっ



少し広いところへ出ると、両岸の柳が風に揺れて、今度は素直に『中国っぽ〜い拍手



気持ちの良い遊覧の最後に辿り着いたところは、虎丘という小高い丘。丘の頂上に少し傾いた塔があります。呉王夫差(さすがに聞き覚えくらいはあるぞグッド)が埋葬されたとかなんとか。



丘を下りてくるともう夕方で、駐車場へ向かう橋の上から、撮った景色です。
この旅で初めて『ああ、きれいなものを見たなあポロリ』と思いました。
| 上海母娘旅 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyhoney.jugem.jp/trackback/406
トラックバック