CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く
小粋な失恋―悩むより、殺し文句が恋に効く (JUGEMレビュー »)
内館 牧子
恋愛を詠んだ都々逸(どどいつ)と、そのエッセイです。昔の粋なオネエサン方の心意気と日本語の流麗さに惚れ惚れします。いちばんのお気に入りは『もしやこのまま焦がれて死ねば こわくないように化けて出る』。カワイイでしょ〜?
RECOMMEND
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>
オースティン・パワーズ (JUGEMレビュー »)

デラックスより、ゴールドメンバーより、やっぱり最初のコレが最高です。60年代のファッション大好き。英国モノをフランス語で表現するのもなんだけど、キッチュで私好みなのです。
RECOMMEND
肩ごしの恋人
肩ごしの恋人 (JUGEMレビュー »)
唯川 恵
当時大好きだった人から「るり子と萌、足して2で割ったらあなたになるよ」と紹介された小説。私は絶対ハッピーエンドだと思います。女ともだちって細く長くずっとずっと大事なものですよね。
RECOMMEND
あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと (JUGEMレビュー »)

二年くらい前に衝動買いしたDVDで、たいして期待もしていなかったのですが、ケイト・ハドソンのファッションがとにかくかわいいんです。
<< ほんとファイナルにしたい… | main | そして紅茶編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今飲んでいる中国茶
上手にお茶を淹れられませんポロリ
猫舌なので適正温度がごく狭い範囲に限られてしまい、美味しさを感知できないのかも…。
学生の頃、友人がち〜こ☆用のお茶として少し冷めたお茶を用意してくれていたほどの猫舌なのです猫

でも水分は毎日多量に摂取します。
職場ではミネラルウォーター。ときどき頑張って硬水も飲みますグー
家ではもっぱらお茶です。

日本茶はその時々にいただいたものを消費するので精一杯なので、自分で買うことはありません。
だから嗜好は中国茶と紅茶に反映されていますハート

今日は今よく飲んでいる中国茶をご紹介いたします。



英記茶荘『雀舌香片(ジャクゼツシャンペン)』

これは時間と気持ちに余裕がある時に、気合をこめて淹れます桜。ちょっとこってり系のお茶菓子と一緒にいただくと更に良いです。私的にはジャスミンティーの女王様です。
一芯二葉(上の方の若い葉です)の緑茶にジャスミンの花で4回以上香り付けをしたものらしいです。お店で、2回の雙花香片(ソウカシャンペン)、3回の三花香片(サンカシャンペン)との飲み比べをさせていただいたのですが、香りが全然違うんです。少し割高ではあるけど、それを補って余りある満足感が得られます。



英記茶荘『桂花烏龍茶(ケイカウーロンチャ)』

つくづく花茶好きです桜。でもあまりにも雀舌香片が美味しくてなかなかこれが減りません。これはこれですごく美味しいですよ。でもお店で試飲した時と同じ味が出せない…しょんぼり。雀舌香片に比べると気合をこめていないからでしょうか。
もうそろそろ限界かもしれません。もったいないので早く飲んでしまわねば冷や汗





日本緑茶センター 茶語テトラ型ティーバッグ『茉莉春毫(ジャスミンシュンモウ)』

これが現在最大消費量を誇るジャスミンティーのティーバッグ。東南アジアからの輸入物に比べると香料がキツくないところがお気に入りの理由です。テトラ型なのもポイントが高い!拍手
そりゃあもうお手軽です。適当に入れても大丈夫。でもきちんとフタをして1分ちょっとくらいは蒸らします。
こってりしたもので胃が重く、口の中がギトギトしている感じがする時に、手早くす〜っと爽やかになれますよつばのクローバー



工芸茶はあまり好きではありません。あの蕾が開いていく時間は好きなんですけれど。なんだか雑草の味がするんです…しょんぼり。お店で飲んでもあまり美味しく感じられないので、最近はもう買っていません。

日本茶だろうが中国茶だろうが紅茶だろうが、簡単にお茶を飲みたい時に使うのがこちら。



取っ手(?)はないし小さめだけど、蓋杯(ガイペイ)というものなのかと思うのですが…。蓋杯と蓋碗(ガイワン)の中間のような感じです。
茶碗と蓋と茶漉しのすべてが陶器です。茶漉しがついているので、ちょっと一杯という時に非常に便利楽しい。蓋もあるとないでは大違いです。
母の韓国みやげだったかな…。妹だったけな…。
できればいわゆる蓋杯、マグカップ型で茶漉しと蓋がついている大き目のものが欲しいのですときめき
| おいしいもの | 07:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:52 | - | - |
コメント
ち〜こ☆さま、こんにちは。
中国茶のご紹介、ありがとうございます。久しぶりに買ってみたくなりました。中国を訪ねた時、毎食、とても美味しいお茶を入れていただき、お土産にも買って帰ってきたのですが、今一つ、美味しく入れることが出来ませんでした。(でも、あっと言う間に飲んでしまいましたが。)
現在は専ら、珈琲専門ですが、日本茶、中国茶、紅茶、どれに限らず、良いお茶の香りを嗅ぐと心安らぎますよね。
| | 2006/03/22 8:17 AM |
姫さんへ

中国で飲む中国茶…おいしそうですね〜。

自分の淹れ方に何が足りないのかさっぱりわかりません。きっちりやってるのになあ。何事も試行錯誤だ!と思っていろいろやってみますが、なかなか再現できませんね…。
でもおっしゃるとおり、とにかくお茶の香りで癒されるからいいのです!
| ち〜こ☆ | 2006/03/22 6:19 PM |
ただいま帰りました☆向こうでは中国茶をたくさん売っていたのですが、外でしか楽しむ能のないゆりこは買ってきませんでした;おうちで淹れて素敵な時間を過ごされているち〜こ☆さんを見習わなければ!と思ってしまいました。そして、下の男スイッチの記事、とってもいい記事だと思います。会社生活で円満に過ごすためには女スイッチ、でもいい仕事をするためには男スイッチ。ほんとよくわかります。ゆりこもふだんはのほほんとしていたいのですが、やることはやる人間でいたいので、女スイッチが入りすぎてしごとをしているときは、自分で甘えているのが嫌になったりして。でもバリバリしすぎても余裕がなくなるし。ほんと、バランス!ですね〜
| ゆりこ | 2006/03/22 7:04 PM |
ゆりこさんへ

おかえりなさい。楽しかったですか〜?時々『今頃ゆりこさんは…』と考えて勝手にうらやましがっていました。私は現在多忙です。
私が出逢った東南アジアのお茶は香料のきついものが多かったので、私も買ってきませんでしたね〜。

男スイッチの話、わかってくれて嬉しいです。ハッピーマニアの安野モヨコさんですから、きっとゆりこさんも気に入るはず!ヒマをもてあましたら読んでみてください。
| ち〜こ☆ | 2006/03/23 8:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyhoney.jugem.jp/trackback/176
トラックバック